MCのギャラってどれくらい?人気タレントの気になる「番組出演料」をランキング形式で紹介!

番組に出演するタレントの能力を引き出し、番組全体を指揮するMC業。
MCとは「マスター・オブ・セレモニー」の略で、バラエティ番組や歌番組、情報番組などに欠かせない存在となっているが、近年では「お笑い芸人」がこのMC業を席巻している。
お笑い芸人であれば、出演者のトークを上手く盛り上げ、番組を面白おかしく作り上げてくれるからだ。
もちろん、お笑い芸人だけでなく「中居正広」や「坂上忍」「マツコ・デラックス」といったトークの上手い芸能人も多数起用されている訳だが、今回はこのMCのギャラを高い順に「ランキング形式」で紹介していく。
※ゴールデン番組(19時~23時)のMCに起用された場合の、1時間の推定出演料

明石家さんま【1本150万円】Sランク

MCのギャラランキングで見事1位に輝いたのは、お笑いBIG3の明石家さんま。
ゴールデン番組1時間の出演料は、なんと脅威の150万円で、現MC界の最高額に達している。
週4本のレギュラー番組を持っていると考えると、150万円 × 4本 = 600万円を1週間で稼いでいることになるのだ。
明石家さんまは、ギャラに見合う「高視聴率」も獲得しているため、スポンサーの信頼度が高く、テレビ局のコスパ評価は「Sランク」が付けられている。

タモリ【1本120万円】Aランク

明石家さんまに次いで、高額ギャラなのはお笑いBIG3のタモリ。
国民的番組であった「笑っていいとも!」の出演料は1本200万円といわれていたが、現在は番組の制作費が削減されていることもあり、ゴールデン番組1時間の出演料は120万円。
ギャラに見合った視聴率も獲得でき、また「タモリさんの番組だから出る」という大物芸能人も少なくないことから、テレビ局のコスパ評価は「Aランク」が付けられている。

ビートたけし【1本120万円】Cランク

もう一人のお笑いBIG3である「ビートたけし」の出演料は、ゴールデン番組1時間で120万円。
最盛期は1本200万円~300万円とされていたが、近年では予算の削減もあり1本120万円とされている。
高齢となったことから新番組のメイン司会は難しく、「ご意見番」という立ち位置で出演することが増えたため、テレビ局のコスパ評価は厳しめの「Cランク」となっている。

松本人志【1本100万円】Aランク

お笑いBIG3に次いで、MCのギャラが高いのは、ダウンタウンの松本人志。
ゴールデン番組1時間の出演料は100万円で、20年以上ずっと3桁をキープしている。
年々番組の制作費は減少しているものの、タレントの名前だけで視聴率を獲得できる稀少な存在のため、テレビ局のコスパ評価も「Aランク」が付けられている。

浜田雅功【1本100万円】Aランク

松本人志と同じく、ゴールデン番組1時間の出演料が100万円の浜田雅功。
人気アスリートや大御所へも物怖じせずつっこめる稀少な存在で、相変わらず評価は高い。
ギャラに見合う視聴率も獲得出来ていることから、テレビ局のコスパ評価も「Aランク」。

有吉弘行【1本100万円】Aランク

ダウンタウンに並び、MCのギャラ100万円を実現しているのが有吉弘行。
苦難の時代を乗り越えて芸能界に返り咲いた苦労人だが、有吉弘行がMCを務める番組は安定的な視聴率を獲得できることから、テレビ局のコスパ評価も「Aランク」が付けられている。

中居正広【1本100万円】Bランク

お笑い芸人以外で初めてランクインとなる、大物タレントの中居正広。
中居正広のMCギャラは1本100万円で、ジャニーズ退所後も高額ギャラをキープしている。
お笑い芸人に引けを取らない「トークの巧さ」は折り紙つきで番組制作側からも評価は高いが、フリーとなって「ジャニーズブランド」が無くなってからもギャラがほとんど変動しなかったことから、コスパ評価は「Bランク」。

マツコ・デラックス【1本100万円】Bランク

中居正広と同様、お笑い芸人以外でのランクインとなるマツコ・デラックス。
ゴールデン番組のMCギャラは1本100万円で、視聴者評価も高いのが特徴。
しかし、スタッフに対しても好き嫌いがハッキリしており、またギャラもダウンタウンと同水準ということで、テレビ局のコスパ評価は「Bランク」に位置付けられている。

所ジョージ【1本90万円】Bランク

大物タレントの所ジョージは、1本90万円でランキング9位。
中高年層には抜群の知名度があり、安定した番組作りを実現できる。
年末年始の特番など、予算が潤沢にあるときなどに起用されることが多く、テレビ局のコスパ評価は「Bランク」。

爆笑問題【1本90万円】Bランク

爆笑問題のMC出演料は、所ジョージと同じく1時間90万円。
破天荒の「太田光」と冷静な「田中裕二」のバランスが上手く保たれており、番組制作側の評価も高い。
テレビ局のコスパ評価は「Bランク」が付けられている。


加藤浩次【1本90万円】Cランク

吉本興業とエージェント契約になった加藤浩次のMC出演料は、1本90万円と高額。
朝の情報番組に起用されてからはイメージがガラッと変わり、構成がしっかりした番組に呼ばれることが多い。
しかし、松本人志など名立たる芸能人と少ししか変わらないことから、テレビ局のコスパ評価は「Cランク」と少し厳しめ。

笑福亭鶴瓶【1本80万円】Bランク

大御所の落語家「笑福亭鶴瓶」のMC出演料は、1本80万円でランキング12位。
老若男女を和ますそのキャラクターは「好感度」が高く、制作側からも重宝されている。
テレビ局のコスパ評価は「Bランク」。

内村光良【1本80万円】Aランク

紅白歌合戦の「総合司会」を務めるほどのタレントとなった、ウッチャンナンチャンの内村光良。
ダウンタウンにも引けを取らない人気MCだが、マセキ芸能社という事務所柄か、ゴールデン番組の出演料は1本80万円と良心的。
MCのギャラ「3桁」に一番近い男といっても過言ではない。
テレビ局のコスパ評価は「Aランク」。

上田晋也【1本80万円】Aランク

バラエティ番組もスポーツ番組も情報番組も「オールマイティ」にこなせる、くりぃむしちゅーの上田晋也。
ゴールデン番組のMC出演料は、1本80万円で内村光良と同額。
抜群の安定感があり、テレビ局のコスパ評価も「Aランク」に位置付けられている。

有田哲平【1本80万円】Aランク

近年、某番組でのMCの評価が高い、くりぃむしちゅーの有田哲平。
ゴールデン番組のMC出演料は、相方「上田晋也」と同じく1本80万円。
コンビ間で「格差」がないのは人気の証拠で、テレビ局のコスパ評価も「Aランク」となっている。

今田耕司【1本80万円】Aランク

M-1グランプリやオールスター感謝祭など、大人気番組でMCを務める今田耕司。
ゴールデン番組のMC出演料は、内村光良やくりぃむしちゅーと同水準の1本80万円。
番組制作側も安心してMCを任せられる存在で、テレビ局のコスパ評価も「Aランク」となっている。

後藤輝基【1本80万円】Aランク

抜群のワードセンスとキレのあるツッコミでお茶の間を沸かす、フットボールアワーの後藤輝基。
ゲストや他の出演者のトークを必ず笑いに持っていく技量があり、制作側からの信頼度もあつい。
ゴールデン番組のMC出演料は1本80万円で、テレビ局のコスパ評価も「Aランク」。

サンドウィッチマン【1本80万円】Aランク

好感度芸人No.1の称号を持つ、サンドウィッチマンの伊達みきおと富澤たけし。
NHKから民放キー局すべてでレギュラー番組を持ち、視聴者の評価も抜群に高い。
彼らのMC出演料は1本80万円だが、知名度に対しては意外に良心的。
もし吉本興業などの大手芸能事務所だった場合、もう少し高かった可能性も。
テレビ局のコスパ評価は堂々の「Aランク」。

千鳥【1本80万円】Sランク

お笑い界で圧倒的な地位を築いた「千鳥」のノブと大悟。
その勢いはとどまることを知らず、「令和のダウンタウン」とも呼ばれている。
CMにバラエティ番組に引っ張りだこの2人だが、ゴールデン番組のMC出演料は1本80万円と良心的。
視聴率がとれるにも関わらずこの価格は「費用対効果」が良く、テレビ局のコスパ評価は「Sランク」が付けられている。
旬が過ぎてもこの評価を維持できるかが今後の鍵。

若林正恭【1本75万円】Aランク

MCギャラランキング第20位は、オードリーの若林正恭で1本75万円。
若林正恭のMC力は業界内でも評価が高く、若手の中では頭一つ抜けている。
近年、特番の司会者としてのオファーも増えてきており、今後大化けする可能性も。
費用対効果が良いことから、テレビ局のコスパ評価は「Aランク」。


東野幸治【1本70万円】Aランク

ベテラン芸人「東野幸治」のMC出演料は、1本70万円でランキング21位。
今田耕司には少し劣っているが、大御所に対しても物怖じしないスタンスが高評価。
テレビ局のコスパ評価は「Aランク」。

博多華丸・大吉【1本70万円】Aランク

サンドウィッチマンと共に、好感度の高い芸人である博多華丸・大吉。
特に「博多大吉」はタレント出演本数ランキングで1位を取るほどの人気っぷりで、業界内でも評価はすこぶる高い。
制作側が安心してMCを任せられる存在で、コスパ評価も「Aランク」が付けられている。

坂上忍【1本70万円】Dランク

フジテレビが主戦場となっている俳優の坂上忍。
国民的番組「笑っていいとも!」に出演したことで再ブレイクを果たし、歯にきせぬ発言が現在でも視聴者の支持を得ている。
ゴールデン番組のMC出演料は1本70万円。
しかし、前日になって台本をひっくり返すなど「制作側からの使いやすさ」という点では評価が低く、慣れ親しんだテレビ局でないと新たに起用しづらい。
テレビ局のコスパ評価は、最も厳しい「Dランク」。

上沼恵美子【1本70万円】Dランク

2020年に、25年間MCを務めた「快傑えみちゃんねる」が終了した、大御所芸人の上沼恵美子。
ゴールデン番組のMC出演料は1本70万円とされているが、坂上忍同様「使いづらさ」の点で評価が低く、新たなオファーは難しい。
テレビ局のコスパ評価は、最も厳しい「Dランク」。

設楽統【1本60万円】Aランク

朝の情報番組のMCを務める、バナナマンの設楽統。
タレント出演本数ランキングでは「博多大吉」に続き2位となった人気者だが、MC出演料は1本60万円と良心的。
そのため制作側もMCに起用しやすく、コスパ評価は「Aランク」に位置付けられている。

南原清隆【1本60万円】Cランク

日本テレビの某番組でMCを務める、ウッチャンナンチャンの南原清隆。
相方の「内村光良」との格差は広がりつつあるが、ゴールデン番組のMC出演料は1本60万円と言われている。
テレビ局のコスパ評価は、少し厳しめの「Cランク」。

宮根誠司【1本60万円】Cランク

関西では根強い人気のフリーアナウンサー、宮根誠司。
ゴールデン番組のMC出演料は1本60万円だが、近年「冠番組」の視聴率が低迷しており、費用対効果が下降気味。
テレビ局のコスパ評価は「Cランク」が付けられている。

恵俊彰【1本50万円】Cランク

人気番組「フレンドパーク」に出演していたことでTBSと強い繋がりを持っている、ホンジャマカの恵俊彰。
TBSの帯番組でもMCを務める彼だが、ゴールデン番組のMC出演料は1本50万円とされている。
周りに比べ「出演料」は安いが、人気・知名度も劣ってしまうことから、テレビ局のコスパ評価は「Cランク」。

山里亮太【1本50万円】Aランク

恵俊彰と共に、ゴールデン番組のMC出演料が1本50万円とされる、南海キャンディーズの山里亮太。
山里亮太は、女優の「蒼井優」と結婚してから女性視聴者の好感度が上がり、またトークも抜群に上手いことから、業界内での評価は高い。
現在は「深夜帯」のMCが多いものの、今後はゴールデン番組のMCに起用されていく可能性もあり、テレビ局のコスパ評価は「Aランク」が付けられている。

羽鳥慎一【1本40万円】Bランク

元日本テレビのアナウンサーであり、現在は「フリー」として活躍する羽鳥慎一。
ゴールデン番組のMC出演料は1本40万円と、今回のメンバーの中では最安。
しかし、女性の好感度は高く、費用対効果が良いことから、テレビ局のコスパ評価は「Bランク」が付けられている。

おわりに

いかがだっただろうか。
今回ご紹介した「番組出演料」はあくまでも一例で、テレビ局や番組・時間帯によってバラつきはあるが、大まかなイメージは上記の通りである。
しかし、YouTubeやネット番組の台頭で「テレビ離れ」が加速し、コロナ禍で企業スポンサーが付きにくくなった今、番組の制作費はどんどん削減傾向になっており、より安く起用できる「若手芸人」の需要が増えた。
その筆頭が、霜降り明星率いる「第七世代」だろう。
テレビ局も芸能界も刻一刻と変化しており、このランキングが今後どのように変化していくのか、要注目である。

参考資料:女性自身



関連記事

  1. ジャンボ宝くじで一攫千金!日本全国4大「大当たり売り場」はどこ?

  2. 無名の新人「細田佳央太」と「関水渚」は一体何者?映画「町田くんの世界」でW主演に大抜擢された裏事情

  3. ZOZOの前澤友作社長がTwitterのリツイート数「世界一」を達成!お年玉企画である100万円が当たる確率は?

  4. 大ブレイク確実!武井咲そっくりの若手女優「久保田紗友」が美人すぎると話題!

  5. 木村拓哉と工藤静香の次女「Koki(こうき)」が初のテレビCM!謎が多いKokiの情報を総まとめ

  6. 三宅健が結婚間近!フライデーされたハーフモデル「プリシラ」とは何者?歴代彼女も総まとめ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. テアトルアカデミーのオーディションをおすすめする5つの理由

  2. 吉本の「エージェント契約」って何?マネジメント契約との違いをわ…

  3. MCのギャラってどれくらい?人気タレントの気になる「番組出演料」…

  4. ジャニーズ事務所に続きオスカープロモーションも崩壊危機!有名タ…

  5. コロナに感染した芸能人・有名人まとめ

  1. テアトルアカデミーのオーディションをおすすめする5つの理由

  2. MCのギャラってどれくらい?人気タレントの気になる「番組出演料」…

  3. 週刊誌に芸能人のスキャンダルネタを提供(売り込み)したら報酬は…

  4. 「週刊文春」がスクープを連発できる秘密

  5. ジャニーズ事務所とバーニングプロダクション、結局どちらが強いの…

  1. テアトルアカデミーのオーディションをおすすめする5つの理由

  2. U-NEXTが31日間無料お試しを実施中!U-NEXTの特徴やメリットを徹底…

  3. huluは2週間の無料お試しを実施中!huluの特徴やメリットを徹底解説…

  4. FODプレミアムが31日間無料お試しを実施中!FODプレミアムの特徴や…

  5. Amazonプライムビデオが30日間無料お試しを実施中!Amazonプライム…