「エージェント契約」って何?マネジメント契約との違いをわかりやすく解説!

日本の芸能界では馴染みのない「エージェント契約」。
近年では「吉本興業」がエージェント契約を導入したことでメディアでも耳にすることが多くなりましたが、アメリカ(ハリウッド)ではこの「エージェント契約」が主流となっています。
しかし、日本はまだまだ「マネジメント契約」が一般的で、エージェント契約を行なっているタレントは数少ないのが現状です。
そこで今回は「エージェント契約」と「マネジメント契約」の違いを、図解を用いてわかりやすく解説していきたいと思います。

マネジメント契約とは

まず、従来の「マネジメント契約」ですが、これは日本の多くの芸能事務所が採用している方式で、営業からギャラ交渉・契約・スケジュール管理・トラブル対応など、身の回りの全てを「芸能事務所」が行なってくれるシステムです。
タレントは「芸能活動」にだけ集中できるので一見「恵まれたシステム」に思えますが、その分「ギャラ(報酬)」は減り、また仕事も自由に選べないというデメリットがあります。
(人気芸能人の場合は、マネージャーと相談して仕事を選ぶことが可能です)
イメージとしては「一般企業の契約社員」的な立ち位置で、定められた期間ごとに契約を更新する必要があり、力関係でいうと事務所側(会社側)が上になります。

エージェント契約とは

一方「エージェント契約」とは、簡単に言えば「営業」や「ギャラ交渉」など「仕事を取ってくる業務」だけを芸能事務所が代行してくれるシステムで、その他のマネジメント業務は全て「自分」で行なわなければなりません。
スケジュール管理も、現場への移動も、トラブル対応も、基本的に芸能事務所は面倒を見てくれないのです。
完全な「個人事業主」となり、芸能事務所側からすると、タレントは「クライアント(顧客)」になるので力関係も対等。
ギャラ(出演料)は、タレントと事務所が分け合うのではなく、「タレントが事務所に手数料(報酬)を支払う」形になります。
これが、俗に言う「エージェント契約」で、ハリウッドでは当たり前とされているシステムです。



「マネジメント契約」と「エージェント契約」どっちがいいの?

これまでに説明した通り、マネジメント契約とエージェント契約には、それぞれに「メリット」と「デメリット」があります。
お金にそれほど執着がなく、面倒くさいことが嫌いな人ならマネジメント契約、自分で管理や自己プロデュースができて、もっと大金を稼ぎたい人ならエージェント契約がいいでしょう。
売れっ子芸能人が「エージェント契約」を選ぶ理由には様々な事情がありますが、やはりギャラの占める割合が大きいです。
たとえ自分で「付き人」や「運転手」を雇ったとしても、お釣りが返ってくるほど収入は良いからです。
また、知名度があれば、エージェント(事務所)を通さず個別で仕事を獲得することもできるため、有名人がエージェント契約を結ぶメリットは高いと言えます。

エージェント契約を結ぶ吉本芸人

このエージェント契約を2019年に導入したのが、お笑い界のトップに君臨する「吉本興業」です。
このシステムを導入したキッカケは、宮迫博之と田村亮の「直営業(闇営業)問題」が原因。
元々「所属タレント」と契約書を交わさないことで有名だった吉本興業は、これを機に「専属マネジメント契約」と「専属エージェント契約」を用意しました。
しかし、全てのタレントが「マネジメント契約」か「エージェント契約」かを自由に選択できる訳ではなく、吉本芸人の大半は「マネジメント契約」となっています。
吉本芸人で「エージェント契約」を結んでいる有名人は、現時点で下記の通りです。

・近藤春菜(ハリセンボン)
・友近
・たむらけんじ
・川原克己(天竺鼠)
・バッファロー吾郎A

極楽とんぼの「加藤浩次」は、2021年3月に吉本興業とのエージェント契約が解消されました。
これは、宮迫博之の「闇営業問題」の時に、メディアを通して吉本興業に嚙みついたことが原因だとされています。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
今回は「マネジメント契約」と「エージェント契約」の違いを解説しましたが、どちらにも「メリット」と「デメリット」があります。
そのため、一概に「どちらが良い」とは言えず、そのタレントの「知名度」や「実力」次第だと言えるでしょう。
しかし、事務所に所属している方が「事務所のプッシュ」を受けられることは間違いありません。
吉本興業からすると、クライアント(顧客)である「近藤春菜」を売り込むよりも、自社の所属タレントを売り出した方が遥かに「利益」が大きいからです。
日本の芸能界では、未だに「大手芸能事務所」がもたらす影響力は大きく、「吉本興業」や「ジャニーズ事務所」といった看板の力は強いです。
果たして、日本の芸能界はこれからどのように変化していくのでしょうか。
ハリウッドのように「エージェント契約」が主流となる日はくるのか、今後の動向に注目です―。



関連記事

  1. ジャニーズ事務所の養成所はいつから?気になる費用と場所を調べてみた

  2. ジャニーズ事務所に続きオスカープロモーションも崩壊危機!有名タレントが相次ぎ退社!その理由は?

  3. ジャニーズ事務所とバーニングプロダクション、結局どちらが強いのか?

  4. 滝沢秀明が芸能界引退!ジャニーズ事務所の新体制が確定!新社長は誰だ!?

  5. オーディション出身の芸能人とスカウト出身の芸能人

  6. AKB48メンバーの「所属事務所」がバラバラな理由とその仕組み

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 歴代ジャニーズの生年月日一覧(年齢順)

  2. 薄毛治療をしている芸能人まとめ

  3. 歌手になりたい方必見!ミュージックプラネットが無料オーディショ…

  4. オーディション出身の芸能人とスカウト出身の芸能人

  5. 歴代ジャニーズのデビュー日まとめ(デビュー順)

  1. 薄毛治療をしている芸能人まとめ

  2. 歌手になりたい方必見!ミュージックプラネットが無料オーディショ…

  3. お笑い芸人のコンビ名・トリオ名の由来【一覧】

  4. 創価学会・石原さとみの総理大臣計画

  5. MCのギャラってどれくらい?人気タレントの気になる「番組出演料」…

  1. 歌手になりたい方必見!ミュージックプラネットが無料オーディショ…

  2. テアトルアカデミーのオーディションをおすすめする5つの理由

  3. U-NEXTが31日間無料お試しを実施中!U-NEXTの特徴やメリットを徹底…

  4. huluは2週間の無料お試しを実施中!huluの特徴やメリットを徹底解説…

  5. FODプレミアムが31日間無料お試しを実施中!FODプレミアムの特徴や…

MUSIC PLANET